情報の更新ペースについて

ホームページは作ったら終わりというわけではありません

ホームページは作ったら終わりというわけではありません。その後の更新作業によってそれを閲覧する人にとってある頻度でサイトを訪れることで新しい情報が得られ訪れる価値があると判断されます。もしそのまま更新が無いとなると運営者は健康上問題が起こっているのかという判断をされる場合があるかもしれません。
更新作業の頻度というのは別に定めがあるわけではなく、分野や業種によって違って来ます。例えば時間的に一刻を争うような場合があります。不動産の賃貸物件などの場合があり、物件情報は全国から閲覧されていて、物件が決定されると削除され、又、新規の物件が掲載されるようになります。地方においてもこの更新作業を怠ると情報が古いものになり、真剣に物件探しを行っている人たちに対して失礼になることになります。

ホームページは検索キーワードによって訪れるものです

ホームページは作成したらまずサイトの登録を行います。そしてその内容がどういう分野のものでどういうコンテンツ内容を持ち、キーワード項目としてどういうことばがあるのかをあらかじめ届けておくものです。これで情報が更新された場合には自動巡回ロボット型のクローラーと呼ばれるソフトがそのサイトを訪れて情報収集がなされ、内容が保存されるようになっています。これは1日に数回に分けて複数のロボットで巡回される場合もあれば1週間に1回とか1ヶ月に1回という頻度もあるようです。
ブログでは数時間ごとに巡回されているようです。従ってこれによって常に新しいサイトのコンテンツ内容が表示されることになり、そのサイト更新の役目を果たすことになります。問題点としてはページを見ても日付が打たれていない場合があり、たとえページの上位に表示されていても最新の情報でない可能性があり、信じてよいものか判断に迷う場合があることです。